代表・松清一平のオモイノタケ

社長ブログPRESIDENT BLOG

北九州市がインバウンド事業に成功した理由(1)

カテゴリー: 韓国向けインバウンド情報 2018年8月10日

オーダーをいただいたのは2015年からでした。
当時の北九州市は門司港の一部地域を除いて、外国人客が
北九州市の小倉駅付近中心部を訪問することなど、あまり
見受けない状態でした。

kitakyushu

ホスピタブルが訪日インバウンドの相談を受けたのは
観光の部署でもなければ、空港利用促進でもない。
商業サービス振興 すなわち「街の商売の活性化」がミッションの部署です。

よって目的は外貨による消費増大。
こだわるべきは、来訪者人数ではなく、①客単価 ②売上 ③リピーター です。

一般的に日本国内の自治体が行うインバウンド観光プロモーションは、
来訪者の人数や国籍にこだわる傾向があります。

しかし税金を払っている日本人・日本企業側からすると、
あまり旨味のある話には見えません。

過去に某市が行っていたインバウンドのインフルエンサープロモーションを
行っていることへ、その地元の酒造会社の専務さんが
「町にカネが落ちてないのに、観光PRを公金で行う意味あるのか?」と
噛みついていたのが印象的でした。

私も全く同感です。それは税金を使うことだけが理由ではありません。
「そもそも消費しないと、顧客は旅の記憶が頭に残らない」のです。

これを分かってない人が多い。多いのは当然。海外旅行に行っていない人が
仕様を作るからに他なりません。日本人のパスポート発給数が人口比率で
24%程度なのはご存知でしょうか?ろくに海外旅行をしてない人が、
インバウンド事業の仕様をなぜ想定して作れるのでしょうか?

 

出典:外務省HP 県別の有効旅券所有者数

出典:外務省HP 県別の有効旅券所有者数



 

そして、その中でも。
訪日韓国人って、JNTOなどが想定する訪日外国人とは、もうステージが
異なるのですよ。訪日韓国人のリピーターからすると、日本は「生活圏の一部」です。

「無くなったから買いにいく」「そろそろ息切れしたので味覚と体験の補充に行く」
などなど。自国にないサービスや商品を、できるだけ定期的に「補充」に来てる
わけです。一生に一回の旅でもなんでもないんですよ。

このあたりの現状分析と仮説をもとに、北九州市での取り組みを進めていきました

【注意】在留カードの偽造が見抜けないと逮捕? 経営者がチェックしなければならないこと

カテゴリー: 韓国人人材獲得情報 2018年8月7日

在留カードって見たことありますか?
在留の許可をもらっている外国人のIDです。

IMG_6603

外国人は短期滞在を除き、すべての人に携帯が義務付けられています。
この在留カードを持っていれば、携帯電話の契約や銀行口座の開設が
できるようになります。

zairyu_syomei_mikata_001



カードには現在27種類ある在留資格のうち、何のビザ(資格)で入国しているか?
が、記載されています。その記載されている資格以外の活動を行う場合は、
資格外活動許可の申請をしなければなりません。留学ビザの人材が
アルバイトをするケースなどが、これに当たります。


さて、驚くべきは、この在留カードの偽造が増えているという事案です。
外国人事件担当の警察官との定期的な情報交流の中で出てきた話です。
経営者の方には、くれぐれも注意をしていただきたいというアドバイスを
いただきました。


zairyu_syomei_mikata_002



偽造を見抜く方法は上記を参照してください。
ただし左下の加工は、最近破られているそうです。
残りの3つの加工で判断をしてください。

そして。

この偽造か否かの確認を怠った場合、すなわち偽造在留カードを持つ人材が
あなたの会社で働いていたとき、場合によっては経営者も逮捕される可能性が
あるということを知っておいてください。

入管法には「過失」に関する罪もあります。
知らなかった、よく理解していなかった、うっかりしていた、などが言い訳にならないという話。

外国人の採用は、とにかく慎重に。
あなたでは対応できない場合は、必ず専門の方によるアドバイスが必要になってきますね。


パンフレットのダウンロード

【訪日韓国人インバウンド】仁川空港で国際免許を5分で発給

カテゴリー: NEWSから / 韓国向けインバウンド情報 2018年8月1日

5

訪日韓国人観光客のレンタカー利用の起爆剤に?

下記、YTNニュースより

『仁川空港で国際免許所を5分で発給』
今後、海外に出かける旅行客は、仁川空港で5分で国際免許証の発給を受けられるようになります。
警察庁は今日(補足:2018年7月30日)仁川国際空港公社と共に、仁川空港第1ターミナル3階出国場で、国際運転免許発給センターの開所式を行いました。
国際運転免許発給センターは、午前9時から午後6時まで運営され、国際免許証発給と海外長期滞在者のための適性検査延期申請などを行います。
国際免許証発給のためには、運転免許証とパスポート、パスポート用写真1枚が必要で、発給手数料に8,500ウォンかかります。
国際運転免許証は、昨年79万件発給されたが、今までは平日の日中、警察署や免許試験場でのみ発給され、利用者が不便を感じていました。

(以上、記事をnamarahokkaido by Nageuneさんが翻訳)

 

すごいことになりましたね。

訪日韓国人がわずか5分で国際運転免許を取れるようになりました。

ということは。ますますLCC需要が増えます。
ますますレンタカーの直接手配が増えます。
ますますホテル・旅館の直接手配が増えます。

ということは検索に強い情報発信と、予約等がしやすい言語対応人材が必須になりますね。

jinzai

なぜなら。

検索して上位に出てくる宿を、韓国人は選びます。
ブログで誰かが推奨する場所しか行かなくなります。
たとえリスティング広告で広報していても、ブログでの推奨がなければ予約すら入りません。

空港に着いても、行先は同県ではない可能性もありえます。
北九州空港に着く人は、大分へよく行きます。

富山空港に着く人は、岐阜へよく行きます。

広島空港に着く人は、松山や倉敷へよく行きます。

公共交通機関があることが有利な時代ではありません。
渡航先の移動も旅行の楽しみの1つです。
以下にスムーズに手配ができ、現地まで移動でき、
行った先のサービスを満足度高く得られるのか??

それが、リピーター獲得の勝負の決め手となります。

このニュースは、日本全国の旅館ホテルが勝負をしかけるための大事な外部環境です。
レンタカーでやってくるお客様を、じゃんじゃか獲得するために、
多言語人材の採用と、web・ブログ広報を、しっかりとやっていきましょう。

結果はすぐに出ますよ。

大雨になると訪日韓国人がとる行動とは?

カテゴリー: 韓国人人材獲得情報 2018年7月7日

福岡は2018年7月5日夜ごろから
梅雨前線の動きが活発になり、降雨量が記録的な勢いに
なってきました。

6日は、朝から大雨が継続しており、街中の交通機関が
徐々にマヒしだすようになってきました。

fukuoka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと渇水の町であった福岡においては、私のような古い人間は
恵みの雨にほっとする方ではありますが、そうとは言えだんだんシャレに
ならない量となり、河川の氾濫のおそれが見えてきたため、全従業員を
17時までに退勤させるようにしました。

hakata101

さて、こんな大雨の日ですが日中は、HAKATA101を営業しておりましたので
やはり、お客様はやってきます。この梅雨の時期はいろいろ特徴的な出来事がありますので
歳時の対策として、ぜひチェックしてほしいです。

○そもそも韓国人客は、雨が降ろうが何があろうが、日本に来ている以上、目的達成のために動く気合がある。
○街中を歩き、台風や大雨などでお店が臨時閉店などしていると、想像以上に凹みます。
○中でも、半泣きで街をさまよう傾向があるのは、当日の最終便か翌日の朝便で帰る人です。

こんなお客様に対して、斯様な対応をしましょう

●韓国人は傘より、合羽を着て雨対策を取る傾向があります。
日本の傘を薦めましょう。丈夫さと軽さに驚きます。

●当日の交通情報を調べておきましょう。
特に韓国人がよく使う、地下鉄、バス、JRなどの情報があるだけで喜びます。

●雨の日に、お得なサービスをしている飲食店さんや小売店さんを調べて推奨しましょう。
今日開店してるか?を事前に調べておくとベストです。

●そしてあなたの店も、雨の日特典を用意しておきましょう。
特典は割引より、商品やサービスのおまけの方が拡散させやすいです。

ピンチはチャンスです。大雨の環境で散々な目に遭った旅行客は
リベンジで必ずリピーターになります。その時、真っ先にそのお客様が
あなたのお店に来るような交流ができるチャンスの日でもあります。

何事もプラスにとらえて、商いにつなげてください。

KOTFA など 韓国で展示会に出展する時の注意点

カテゴリー: 韓国向けインバウンド情報 2018年6月6日

IMG_0847

まずこの写真をよく見てください。
この写真は、ホスピタブルが2011年にKOTFAに出展した時の一幕です。

毎年旅行博が韓国ではソウルや釜山で行われます。
旅行博に限らず、物産系の商談会も多数行われ、
日本企業や自治体も、よく出展しているご様子です。

ただし。
この出展に先立ち、韓国で行われる出展イベントにおける
注意点を列挙します。くれぐれもご注意ください。

1)来場者に一般人が含まれるイベントの場合、子供の動員があります
images

 

 

 

 

要は、来場者数の嵩上げのために、近隣の小学校から高校、大学まで
多数の動員があります。旅行博の場合、専門学校や大学、高校などで
旅行会社やホテル、航空会社へ行きたい学生が来ることについては、
彼らには意味がありますが、収益を目的とした日本企業や自治体には
あまり意味のない客です。アピールに徹するなら、それはまた良いですが。。

まじでめちゃくちゃ来ますよ。子どもが。。。

2)チラシやパンフを大量に取って帰る人がいます
koshi
自治体出展の場合、やってきた公務員の方々が必死こいてチラシを
配布している姿をみかけます。そもそもですが韓国人はチラシをほぼ
すぐに捨てる傾向があります。一生懸命、公費で作ったチラシも
そのほとんどはゴミ箱に行きます。

そして。
たまーに、明らかに旅行などに行かんだろう、おばちゃんが大量に
チラシを持って行こうとします。声をかけると、やれ「友達に配る」だの
やれ「知っている旅行社に持って行ってやる」などと言います。

が、嘘です。彼らは古紙回収業者です。日本製の印刷物は紙質がいいので
高く売れます。彼らはイベントで仕入をしています。公費で作ったチラシが
関係のない人の収益源になることがあります。

3)「バイヤーです」と言って、やってくる人がいます
sagishi_man

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり上手でない日本語で、「バイヤーです」と言ってくる人がいます。
その人は、ほぼ間違いなく個人事業主か、○×コンサルティングなどと称し
「○○にネットワークがある」「××を知っている」などと言ってきます。

そういう人がいたら、食品などの試作品を絶対に渡さない方がいいです。
なぜなら、彼らはパクリ屋だからです。試作品を確保して、あたかも
自分がオリジナルだと言って先に韓国市場で売りに出す可能性があります。

というか。
そもそも試作品を韓国の展示場に持って行って市場調査だ、などと
出展するのは、最も愚かな行為です。絶対にお勧めできません。
韓国は模倣リスクの高い国です。その模倣自体を上手に使って、
マーケティングするくらいの強かさが無いのであれば、出展そのものを
お勧めできません。

旅行博の場合は、こういう偽バイヤーがすぐに「独占販売権」を
要求してきます。商談の内容として受け付けること自体が、とても危険です。

4)ドロボーが現れます
tonan
最初に見ていただいた写真、ご記憶ありますか?
我々はこの写真の右に映っています、超大きいHELLO KITTYの
ぬいぐるみを盗まれました。本当に、ちょっと目を離した隙にやられました。

当然だれも責任を取りません。すべて自己責任です。

いかがでしょうか?
インバウンド花盛りですから、企業も自治体の皆様も、なんとなく
旅行博に出展しなきゃって、気持ちになっていることかと思います。

2010_06_06_001.jpg
 

 

 

 

 

 

 

が、実態は結構こんなもんです。
韓国の市場において信頼できるのは、日本へリピーターとして来訪してくれる
個人客の方々です。中間に現れる人や、特段日本渡航への関心が無いような
方々にとっては、出展企業は単なる使い勝手のよい仕入先程度でしか
思われていません。

このような「顧客を見抜く眼力」があるなら、出展の意味もあるでしょう。
通訳ではなく、供給者自体が明確な語学力と眼力を持ってこそ、
初めて出展する意味があります。あとはご自身で意味を考えて
これらのイベントにぜひ臨んでください。

特に公費を用いて出展する場合は、ご注意を。。。

最近の投稿

カテゴリー

バックナンバー