実績

社長ブログPRESIDENT BLOG

南北首脳会談があっても、状況は何も変わっていない

カテゴリー: asia情報・インバウンド情報 / NEWSから 2018年4月28日

1年前のきょう、日本ではどのようなニュースが
流れていたか、ご記憶ありますか?

IMG_3966

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北朝鮮のXデーが●●日にやってくる、などと日本のマスコミが
煽りまくっていた、ちょうどそのころです。
そして大統領選挙の直前でもありました。

日比谷線が止まったのも昨年の4月30日です。
ミサイルが飛んでくる、とビビッて地下鉄止めるなど、愚の骨頂です。

韓国に渡航するのが危険だと、勝手に人々が漏らし、
危険だから行くの止めます、などと、わけのわからん判断をする
日本企業が後をたちませんでした。

事実の抽出ではなく、恐怖心と感情が人を動かす日々でしたね。
去年に限らず、ここ数十年の日本人の行動には斯様な傾向があります。

で。今回の南北首脳会談。
あたかも融和ムードがあるかのような空気をメディアが作っています。

本当に日本には情報弱者が多いとお見受けします。

どんなニュースが流れようと、現実を直視しなければいけません。
私たちが直視する現実とは
「現存の軍事力」と、その力が均衡を保てている「抑止力」だけです。

mig

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ、危機をあおっても、この状況は変わりません。
そして今年に入ってどれだけ融和ムードだとか宣っても、
在韓米軍がいて、空母は近隣にいて、いつでも米軍が
攻撃できる状況は目の前にあるのです。

そして北朝鮮の国境には、人民解放軍がいるのです。

今も緊張感がある日々なのです。日本のメディアがどう伝えても、
現実と現状は去年も今年も変わりません。

私たちの生活、韓国の生活を守っているのは、各々の国の軍事力と
アメリカ軍の軍事力、そしてそれらを背景とした外交交渉力です。

その事実をきちんと受け止め、そのおかげで、自身の生命と財産が
守られている現実にもっと感謝しましょう。

橋頭堡である韓国に来る都度、そう感じます。
そしてメディアの伝える朝鮮半島情勢のお祭り騒ぎを見るたび、
私の知る人々だけにでも、正しい情報を伝えたいと感じるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近の投稿

カテゴリー

バックナンバー