僕がなぜマーケティングの学習を始めたのか? マーケティングの師匠 下田武夫社長の存在

  • LINEで送る

僕がもともとサラリーマン時代に、新規事業の部署で
仕事をしていた頃が2年ありました。2003年~2004年です。

そのころの福岡ドームで、陶磁器を中心とした伝統工芸を扱う
業者・作者を一堂に集めて物販イベントを行うというものです。

当時の上司から、こう言われました。
(私が異動着任する前の)2月に、話は付けてるから
出展の依頼をしてきて。 と。

私は、ほぼ何の考えもなしに、金沢市の金箔メーカーでは
第一人者である、箔座さんを訪問しました。

135479790462413126654_s-P1360226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先方は私みたいな若造に対して、取締役の皆様が
対応していただきましたが、その隣にライオンのような猛々しい方がいました。

その方が「下田武夫さん」です。

下田武夫さん(中央)

下田武夫さん(中央)

開口一番言われたのは、
「なぜ、我々が金を払ってまで、九州へ出向かなならんのだ?」という痛烈な一言。
私は、加賀百万石の伝統工芸の予習もせず、既に決まっている商談と
高を括って出向いたことが、もろに裏目に出ました。

当然そんな話が決まっているわけもなく。

ものすごーく怒られたのを、今も如実に覚えています。

 

hoge

下田さんは箔座でのプロデュースをされておられて
ひがし茶屋街中ほどにある茶屋建築、箔座ひかり藏の
設計、店舗全体のプロデュースをされました。

そんなプロから言わせれば、当時32歳の私なんか、ひよっこのひよっこ。。。。

結局、商談(というものでもない、お粗末な会談)のあと、
私は下田さんに連れられ、下田さんの会社、Groovy(株式会社グルーヴィー)
行きました。

事務所には、山のようなマーケティングに関する書籍があり、
そこで「マーケティングとは?」の講義が、滔々と始まったのです。

こっちは、全く知識のない状態で、初めて聞くことばかりに、ただ驚くやら
無知な度合いに嘆くやら。。。

見かねた、下田社長から言われた一言は

「お主に、加賀百万石の伝統工芸とは何かを、明日1日使って教えてやる」

と(笑)

そりゃ、翌日の用事が、全くなくなっちゃいましたので、素直についていくことにしました。

九谷焼、金箔文化、山中漆器などを歴訪しつつ、
加賀百万石の伝統工芸が、なぜ生まれ、どう生かされ、
今に繋がっているのか?の奥深さを叩き込まれました。

帰り際に言われたことは

「放送局という土壌に胡坐をかくな。常に学び続けよ」

ということでした。

下田さんに会ったことで「マーケティング」という言葉を知り、
その翌年に、QBS(九州大学ビジネススクール)を会社に内緒で
受験するきっかけとなったわけです。

今でも、金沢を伺うときには、ちょいちょい連絡を取るようにしております。

23456540_1468148119930455_418896224891599875_o

そして、通常であれば卸売されない箔座さんの商品を
私たちの店舗 HAKATA101は、特別に取り扱いさせていただいております。

  • LINEで送る

コメント

  1. 畠 輝夫 より:

    下田さんとは同業者ですが40年金沢を離れていましたので下田さんはもうお忘れだと思います。下田さんの写真を偶然見つけてここに辿りつきました。面倒見の良いエピソードを伺いつい懐かしくなりコメントしました、高光さんもお元気でしょうか?一度訪ねてみます。

コメントを残す

*