対馬渡航記 2013 (5)

  • LINEで送る

今回、宿泊するにあたって、民宿を探し求め
人のツテを頼って、「民宿 作元」という宿へご厄介となりました。

民宿 作元 長崎県対馬市豊玉町志多浦

民宿 作元 長崎県対馬市豊玉町志多浦

ここのお宿は、漁港の目の前。

民宿 さくもと しぶい看板!

民宿 さくもと しぶい看板!

民宿 作元 の前は漁港です

目の前が漁港という最高の立地!

しかも宿の主は、対馬市議会議長様という、重鎮のかなめという曰くつき。

ご家族も定置網漁をされているので、採れたての魚が
そのまんま食べられるという、とても魅力あるお宿なのです。

ご自宅の前に定置網漁の船が。。

ご自宅の前に定置網漁の船が。。

そこでいただいた数々のお食事。。。

地元のお魚のフルコース

民宿 作元 さんの夕食の一部から。。

酢味噌和え 南蛮漬けっぽい食感!

酢味噌和え 南蛮漬けっぽい食感!

磯の香りがしっかりと。。

磯の香りがしっかりと。。

刺身はわんこそば状態(笑)

刺身はわんこそば状態(笑)

さざえでございます

さざえでございます

途中で、撮影をし忘れておりますが、ビールと焼酎のみながら

魚の煮つけを3尾いただきました。たしかバリだったと記憶しています。ごめんなさい。

 

さて。

出てきた料理の中でも、特に驚愕だったのは、これ。
何でしょう?

対馬産 驚愕のトコロテン

対馬産 驚愕のトコロテン

トコロテンです。これが最高にうまかった。

箸で持てる、重いトコロテン

箸で持てる、重いトコロテン

「地味だ・・」と思う人もいるでしょうが、
キューブ状に切って、箸で持ち上げられるトコロテンを
私は生まれて初めて食べました。

イカ刺しのような歯ごたえと喉越し

イカ刺しのような歯ごたえと喉越し

ポン酢、酢味噌、そして魚の煮汁と3種類で食べ、
それぞれが、信じられないほど美味く、トコロテン自体が
放つテングサの新鮮な香りに、ぶったおれそうになりました。

地元食!魚の煮汁に和えた素麺

地元食!魚の煮汁に和えた素麺

さて。
韓国人観光客は泊まるのか?という話になった。
「断っている」と。

「はい、正解だと思います」と私。

旅行会社経由で入る顧客を受け入れるタイプの宿ではありません。
一泊キャパシティが空いているから、はいどうぞ!といえるほど
すんなり泊めるということは、決して価値を高めるとも思えません。

では。
韓国人観光客は泊めたことがあるか?という問いに対し
「あるよ」と。

釜慶大学の教授さんご一家だそうです。
日本語ができる。その方の生業が信頼できる。

はい、これがマーケティングです。激しく同意しました。

民宿 作元

そして、これからは「その先生のご紹介以外、泊める必要もないんじゃないですか?」と
私も言ってしまいました。

まぁ、その先生だけ、とは言いませんが
日本語が堪能でいて、信頼できる人の紹介で来る人、
そんな人が隣国から来たら、間違いなくいいお客様だけが
連鎖するでしょうね。

そして、その方々に対して、今回私が受けた食事と同等かそれ以上の食べ物が
提供されたら、感激すること間違いないと思います。

議長は、商売をすることで、この「客の選別」を肌で感じ実践されています。
本当は、島自体が、こうなることが大事なのでは?と考えるのですが。。。

ちなみに、このお宿は、リピーターが大変多いので有名な民宿です。

多いのもうなづけますよね。

 

ちなみに、翌日は、定置網漁に同行いたしました。

定置網漁の様子

定置網漁の様子

カンパチがたくさん取れていました。

秋の味覚が海から上がるのを見て、灼熱の中、ちょっとだけ次の季節を感じた次第です。

【関連URL】
対馬になぜ韓国人観光客が集まるのか?
対馬の今を知るために島に渡ります
2013年 対馬の今を探ってみました
対馬のご当地食 対馬バーガーとは!?
対馬の飲食店の韓国人観光客対策は?
対馬・厳原で売っている商品を韓国人が買っているのか?
日本人からみても穴場!? 対馬の民宿に宿泊してみました
対馬の定置網漁に同行しました!
国境の町、対馬 比田勝(ひたかつ)の最新情報です
対馬は韓国資本から狙われているのか?
実際に対馬の自衛隊基地の隣が買収されたという現場に行ってみた
ここが極東防衛の要諦 対馬最北の自衛隊レーダー基地
対馬の地元食 そして、あのB級グルメが!!
対馬トリビア あなたが知らない対馬の小ネタ

  • LINEで送る

コメント

  1. 岡崎明子 より:

    はじめまして。

    2月8日に民宿 さくもとを予約しました。

    社長のブログ、読ませていただき、今度泊まるときは此処にしよう、ときめてました。

    2月9日が旧暦のお正月なので、初日の出を見たくて行きます。

    それと、和多津美神社に行く事、を目的としていますが、できる事なら対馬に移住して

    仕事があるかどうか、なども確かめてみたいと思っています。

    去年の8月に初めて対馬に来て、こんな美しい所で毎日暮らしていけたらどんなにいいかと思いました。

    1. 松清一平 より:

      岡崎さん

      ご愛読の上、今回のご予約 どうもありがとうございました。
      こちらのお宿は、ブログでは語れない面白いエピソードがたくさんあります。
      ぜひご主人はじめご家族の皆様と楽しい夜をお過ごしください。

  2. 岡崎明子 より:

    早速の返信ありがとうございます。
    さくもと 楽しみです!
    予約の電話をすると、いきなり小さなお子さんが電話にでてくれました。
    「おじいちゃんに代わってくれる?」と言うと「おじいちゃーん」と呼んでくれました。

    家族的だなーと思いました。

    和多津美神社 と海神神社に行ってみようと思います。

    翌日の夕方には帰るのですが、どこかお勧めに所があったら教えてください。

    社長のブログの中に、質の高い旅行客を対馬に来て貰える体制をすれば、もっと対馬も潤う

    というようなこと書いてあったと思います(私なりの判断なので違うかもしれませんが)

    去年の8月に初めて対馬に行きましたが、和多津美神社は無人かと思いましたが、社務所?の中に

    いらっしゃいました。大きな声で何度か呼んで出てきてもらいました。

    お酒を奉納したくてもかってにその辺に置いていくわけにいかなかったので。

    その方が言うには、御賽銭箱の横から中にはいれますから、上がって奉納してください。

    韓国人が中に入らないように、立ち入り禁止の札があるだけですから、何しろ仏像が盗まれましたので。

    というようなことを言われましたが、祠の裏に蜘蛛の巣がはっていたり、神殿のお供え物が何もなかったり

    ですから、豊玉姫様のメッセージで、お掃除をしてこようかとおもっているのです。

コメントを残す

*