対馬渡航記 2013 (7)

  • LINEで送る

民宿作元にお世話になった翌朝、私が向かったのは
対馬最北の港、比田勝(ひたかつ)です。

大きな地図で見る

宿から、車で1時間もかかります。同じ対馬ですが
陸路の距離は非常にございます。ちなみに厳原からだと車で2時間半かかります。

比田勝ターミナル

比田勝港にあるターミナル

午前10時頃に到着しましたところ、フェリーが停泊していました。

博多夜発→比田勝朝着のフェリー

博多夜発→比田勝朝着のフェリー

実は今から、22年前に初めて対馬にお邪魔した時、
比田勝に宿泊した経験があります。

その頃は、比田勝にホテルが確か1か所しかなく、
何とも特徴のない、最果ての地だなぁとくらいしか思っていませんでした。

と、その時に遠方からビートル来訪。

遠方に釜山からやってきた高速船

遠方に釜山からやってきた高速船が。。

今回、比田勝に行って改めて感じたのは
名実ともに韓国から最も近い日本の玄関口だということです。

比田勝の島内案内板 ほぼ韓国語です(笑)

比田勝の島内案内板 ほぼ韓国語です(笑)

つまり対馬というよりも、船で来る人からすると
「比田勝」か「厳原」かは全く意味が違うわけです。

で、さっきのビートルが到着・接岸しました。

釜山から来たBEETLEが接岸しました

釜山から来たBEETLEが接岸しました

港に着くと、急ごしらえでできたプレハブのような
建物がありました。ここが、国際ターミナル(笑)

ここが比田勝港「国際」ターミナル

ここが比田勝港「国際」ターミナル

着いたと同時に、即入国したお客様がわらわらと。。。。
入管と税関がこの中にあるのでしょう。。中を見てませんが。

比田勝は釜山からのFITがほとんど

比田勝は釜山からのFITがほとんど

来ているお客様の動向を見てみると、どうやら個人旅行客が多い。
レンタカー、レンタサイクル、タクシー、の利用が多いとのこと。

移動にタクシーを利用するカップル

移動にタクシーを利用するカップル

レンタサイクル、つまり自転車でどこに行くのか?
なんと3km先のスーパー。そこで買い出しをして、
そしてそして日帰りで帰るとのこと。

4人のグループ レンタカー利用

4人のグループ レンタカー利用

自分の物か、転売か、それはどうでもいいとして、
買い物客が渡航している。そしてお約束のように
みんなの手荷物に、ロッテデパート免税店のバッグ(笑)

対馬の方々にヒアリングすると、わかってきたのは、
その昔は入島の窓口は厳原一本だったのが、比田勝が加わり様相が一変。

比田勝の観光案内所です。韓国語対応は可能。

比田勝の観光案内所です。韓国語対応は可能。

特に比田勝に来る客はブログで「何もない事」を事前に知ってきてるので
結果的にトラブルが減っているとのこと。まさに自浄作用。
ブログによる情報の浸透により、自らトラブルが減っているげな。

そもそも、メディアでよく報道される「韓国人が対馬でトラブル!」的な
報道は、一部を誇張したうえで、一度報道したらやりっぱなし。
その映像がyoutubeで上がって何度も見られるので、いつまでたっても昔の
情報がそのまま人々に浸透します。

現状は真逆で、お客様も、現地の方も、自浄作用があるわけですから
報道されたようなトラブルは徐々に改善されます。
しかしその「改善された後の話」は報道されません。面白くないから。

 

このブログは最新の現実を直視するものです。
地元でヒアリングした限り、対馬での韓国人渡航者による
トラブルの全体量は当然のごとく減少傾向にあり、
特に港で見るとトラブルの頻度は、明らかに
「厳原」>「比田勝」とのこと。

韓国人観光客の縮図がここにもありました。
「比田勝」には良質なFITが訪れています。

個人旅行客(FIT)こそが、日本にとって重要です。
あとは、この理解ある顧客へ我々が何を売り、何を与え、
どんな満足を持ち帰らせるか?

やることがないので撮影から入ります!

やることがないので撮影から入ります!

今まさに、課題を突き付けられているのは日本側です。
対馬において、日本側がどのような対応をし、何をご提供するのか?
が迫られるようになりつつあるようです。

【関連URL】
対馬になぜ韓国人観光客が集まるのか?
対馬の今を知るために島に渡ります
2013年 対馬の今を探ってみました
対馬のご当地食 対馬バーガーとは!?
対馬の飲食店の韓国人観光客対策は?
対馬・厳原で売っている商品を韓国人が買っているのか?
日本人からみても穴場!? 対馬の民宿に宿泊してみました
対馬の定置網漁に同行しました!
国境の町、対馬 比田勝(ひたかつ)の最新情報です
対馬は韓国資本から狙われているのか?
実際に対馬の自衛隊基地の隣が買収されたという現場に行ってみた
ここが極東防衛の要諦 対馬最北の自衛隊レーダー基地
対馬の地元食 そして、あのB級グルメが!!
対馬トリビア あなたが知らない対馬の小ネタ

  • LINEで送る

コメントを残す

*