対馬渡航記 2013 (9)

  • LINEで送る
  • 韓国_対馬_買収 あたりのキーワードでweb検索をかけると、

まぁ、いろいろとゴシップネタが出てきます。

ただよくよく読んでみると、ほとんどの記事が
2次利用、3次利用の転載ものばかりです。
当然当方が拡散させる理由もありませんので、いっさい紹介しません。

私が読んで唯一まともかなと思ったのは以下のサイトのみ。
目立たない物ですが、法治国家の観点から冷静に記載されています。

不動産鑑定士の目から見て・・・

さて。

そもそも、買収さわぎがなぜ起きたのか?このいきさつを少々。

大きな地図で見る

騒ぎになった場所はこちら。

海上自衛隊対馬防衛隊本部のすぐお隣です。
ちなみにこの自衛隊の基地がどんな任務を遂行しているかについては言及しません。

海上自衛隊対馬防衛隊本部の横を通り抜けます

海上自衛隊対馬防衛隊本部の横を通り抜けると・・

いわゆる「韓国資本に買収された」と言われる建物がございます。

この建物はもともと真珠工場の工場・倉庫だったそうです。
本社は対馬空港のすぐ横にあったとのこと。その会社が倒産しました。
倒産後、当該不動産は処分の上売却されました。

倒産後の処分ですから当然売却先も公知されてます。
従ってこの時の購入者は日本人(日本企業?)だったとのこと。
(すみません、個人か法人かは僕は確認してませんが、登記見ればわかると思います。)

海上自衛隊対馬防衛隊本部の横にあるペンション

現在はペンションです

その後、その所有者が、韓国資本に転売した ということです。
海に面した良い立地なので、この資本を効率よく使うために、
ペンションにしたそうです。

海上自衛隊対馬防衛隊本部の横にあるペンション

TSUSHIMA・RESORT

現地の人に言わせれば、本当に偶然が重なって、このような事態になり、
後になって驚いた。。てな話です。

重要なのは、この件で何故に地元の方々が方々より、わけわからんクレームを受けたり、
チェーンメールで、あることないこと ばら撒かれたりして
苦悩しなければならんのか?ということです。

自衛隊の基地の真横。そのとおり。
確かに近い。道の向かいのフェンスの向こうが基地です。

基地の端っこは、道路と海に面しています。

基地の端っこは、道路と海に面しています。

ただ対馬に限ったことでなく、どこでも起こりえた話でしょうに。

土地に限らず、自衛隊や米軍基地を見下ろせるマンションの1室がどこでどう
外国資本に買われているか?すべて日本政府が把握しているのかどうか??

とりあえず民法の規定に基づいて判断すると、手続き上のミスも特段ないでしょうから
どうしようもないでしょう。特別な法律がない限り、基地周辺の規制はできないですから。

もちろん、その後の対策は当然あります。あるでしょう。

遠隔地にいる僕らが改めて知っておくべきは

  • 起こった事実は冷静に受け止めて課題を抽出する
  • 対策がどうなっているのかの情報を追いかける
  • 起こった事実のその前の原因を把握しておく

ということでしょう。ちなみに3番目の起こった事実のその前の原因・・・
すなわち、ここに真珠生産の会社があったということ、
つまり、対馬が真珠の名産地であること。。そもそも知ってましたか?

対馬に関心を持つなら、トラブルバスターにで正義感振りかざす前に、
地元名産品を知り、対馬にどうやったらお金が落ちるのか?を
一緒に考えるべきじゃないの?と、思うんですけど。。

【関連URL】
対馬になぜ韓国人観光客が集まるのか?
対馬の今を知るために島に渡ります
2013年 対馬の今を探ってみました
対馬のご当地食 対馬バーガーとは!?
対馬の飲食店の韓国人観光客対策は?
対馬・厳原で売っている商品を韓国人が買っているのか?
日本人からみても穴場!? 対馬の民宿に宿泊してみました
対馬の定置網漁に同行しました!
国境の町、対馬 比田勝(ひたかつ)の最新情報です
対馬は韓国資本から狙われているのか?
実際に対馬の自衛隊基地の隣が買収されたという現場に行ってみた
ここが極東防衛の要諦 対馬最北の自衛隊レーダー基地
対馬の地元食 そして、あのB級グルメが!!
対馬トリビア あなたが知らない対馬の小ネタ

  • LINEで送る

コメントを残す

*