韓国誤字探訪(2) 人の振り見て我が振り直せ

  • LINEで送る

2010_06_22_002.jpg

 

相変わらずですが、韓国にある日本語表記のパンフレット等には
とっても「違和感満載」なものがあふれています。

ここに掲載しているもので言うと、赤丸で記載しているところは、
そもそも読めないもの。。。

タイトルで記載されている店名
「最高の名家 中国正統(当?) 足管理店」

これって違和感大賞を差し上げたいくらいの
わけわからん名前ですね。

韓国語の表記がそのままカタカナになっているせいか

○スパ(SPA)→「スーパ」
○モデル→「モーデル」
○リンパ→「リンペン」
と、何書いてるんだか、全く理解不能。

体の各部位もどういうわけか、すべてひらがな。
「あし」「こし」「かた」「せなか」
SPAとマッサージ部位の間にどういうわけか「茶」と
書かれているのも、理解不能。

恐らくお茶をサービスで出すことを表しているのでしょうけど
「茶くらい普通に出すやろうもん、いちいち書くな」と
突っ込みたくなる気持ちを持つ関西人・九州人も多いかと。

そして最後に笑うのはコース選択にからんだ一言
「低価の高価もで多様をコース選択可」

。。。全くわからん。
笑えましたか?

ただ。

これと似たような韓国語表記をしているパンフレットや
看板、メニューって日本国内にはあふれていますよ。

私たちの普通の目ではわからないでしょうけど。
この1年間、見てきただけでも自治体の作成パンフレットから
地図、冊子、看板、メニューなど、本当に変な記載だらけ。

このパンフレットと同じレベルの韓国語表記を作っている
かもしれないと感じる方、あるいは全くわからずそのまま

翻訳業者へ発注した方、一度チェックしてみませんか?

  • LINEで送る

コメントを残す

*