書評|Web2.0でビジネスが変わる CGMの台頭

  • LINEで送る

2006年3月末現在、総務省によると、ブログの開設者は866万人だそうな。
ブログを経由した電子商取引は2004年度の28億円→2006年度で1275億円
(予測)とか。 この情報は日経新聞8月25日を参照。

すげーよな。
ブログやっている人なら、たいがい知ってる言葉と思うけど、
CGMと言う言葉がにわかに話題。

Web2.0でビジネスが変わる [ソフトバンク新書]
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 851,068

わからん人はこれを読むと、結構わかりやすいよ。
CGM(Consumer Generated Media )【消費者生成メディア】だな。
つまり消費者が、ブログなどのWeb2.0的ツールを駆使して、情報を発信し
そしてリンクさせ、共有することで、既存のマスコミ以上のメディアを
形成するわけだ。
思うに。
このCGMの急速な発展を、最も理解せず意図的に無視しているのが
ローカルのマスコミじゃないか?と思うわけです。
地方民放や地方新聞社です。
おそらくその根底には「まさか…」という思いがあるはず。
「まさか、自分たちの媒体力が凌駕されるなんて」という感覚ですな。
しかしそのまさかは、結構急速に現実のものになるかと
予測されています。
なんつったって、こんだけ急速に発展・成長を遂げている産業が
ほかにあるか?ということを挙げるべきでしょう。
媒体の普及と成長が見られ、それにともなって市場性の成長も著しい。
人間の数は限られ、それ以上に24時間という時間も限られている。
その中で、通常のマス媒体へ接する時間がCGMに比べ
減ってきていることは、間違いの無い事実なわけで。
事実、僕もこうやって限りある時間をブログの更新に当てているわけで。
やっぱ、この媒体に接している人間じゃないと、媒体力のすごさと
怖さを理解できないのかなぁ?と思ってしまう。
既存マスコミ企業へ警鐘を鳴らしても、相手にされないだけに。。。。
僕がブログを書き出した2年前と比べて、
ポータルサイトがブログのツールを出し始めたり、
ブログ自体のポータルが増えたりと、
確かにブログのインフラは画期的に増えた。

ブログをメイン商品としたベンチャーも立ち上がっているし。
まぁでもこのブログも雨後の筍のように、いっぱい出てはいるけど
皆がみんな、更新をせっせと続けて、メディアとして確立させ
「続ける」ことがずーっと可能なのだろうか?という点は、
ちょっと疑問視。

まぁあと10年程度は続くでしょうけど。
接していると、自分の表現力や情報収集能力は磨かれます。
磨かれると余計に、今のマスコミのポテンシャルの無さにあきれます。
その現状こそ、CGM発生・成長の原因かなぁ。うーむ。

  • LINEで送る

コメント

  1. 日々雑感 より:

    CGM全盛時代の広告

    またもやmixiがらみですが、、、
    ミクシィ500万人突破 サービス開始2年半 楽天規模に急成長
    確か、私が昨年招待…

  2. nakanaka より:

     おっしゃるとおりですな。反論なし。
     でも、CGMも現在のスタイルは5年くらいしかもたないかも。さらにその先を考えながら動かないと。

コメントを残す

*