事業ポートフォリオとメディアの独立性

  • LINEで送る

さて先日のことですが,とある飲み会の場で,ある方からこんなことを言われた。
「ippeichanさぁ,どうでもいいけど,アノ宗教団体のCMだけはどうにかならんとね?」
と。
アノの中身をご理解いただける方には,わかるかと思います。
まぁあまり大きな声で赤裸々に語れるネタでもないので,この団体についてはこのあたりで。
それにしても。
放送局をはじめ,メディアっちゅうのはNHKを除いて「広告収入」に,ほとんど頼って
会社の経営を成立たせているのも現状なのです。
特にテレビ・ラジオの場合は免許事業であるだけに,出稿料もハンパではありません。
ハンパではないとは,どういうことかといいますと,
金を出す側ももらう側も,一大事なので,ひとたび営業関係が成立すると
「発言権」が強くなります。
「このスポンサー様がおっしゃっているのですよ!」というツルの一声で
前例がなかった許されざることが,平気で許されてしまうことがある。
簡単に思いつくのは某消費者金融あたりでしょうか?
で,万が一この大スポンサーさまが「悪いこと」をされたとします。
報道機関である放送局は,この悪事を暴いて放送せねばなりません。
各局へ均等に出稿しているスポンサーだったら,放送局側もある程度の談合を行い
統一して対応することもあるでしょう。一時的に出稿が止まってもいいたい!とかね。
ところが。
ある放送局にだけ大きな出稿をしていたスポンサーだったら。。。
その放送局は大混乱でしょうね。
報道機関としてこの悪事を暴露せねば!他局はそのニュースで視聴率も上げている!
でも,ウチでそれをすると。。。。億単位の出稿が止まって,収入が激減する~!ってね。
いつも思うんだけど,こんなことでメディアの独立性って保てるのか?
公共的な側面もあると建前では言うけど,誰の利権を守るか?という論理が
常に放送局のカネの論理で左右されていること自体が,問題じゃないかなぁ?
国民の「知る権利」っていう話なんか,最近ぜんぜん注目されてねーもんな。
いわゆるホンネの部分がインターネットで暴露されてしまう昨今だけに
「建前のニュース」を流して知る権利を操作し,さらに自社の利益を優先させる態度を貫くと
やっぱりメディアの信頼を損ねないかな?
で,思うのですけど。。。


放送局の事業そのものにポートフォリオを組む考えを導入しないと
メディアの独立性を保てないのでは?と思うのです。
報道であるスポンサーをたたかないといかんとき,
「どうぞ!タタキなさい。収入は気にすんな。○○と××の収入が磐石だからな」
なーんてことを,さらっと言える経営者がいないといかんちゃないかな?
広告収入に頼り過ぎない,3分割収入ポートフォリオが放送局にあれば
何が起ころうと,思い切った行動を取れるのでは?と思うのです。
僕のような若輩者が言うことではないかもしれませんが
「本業の質」を守るための収益確保手段を複数持つことって,放送局の目下の責務じゃないかな?
どうせこれから広告収入も落ちるんだし。
今のうちから,考えておいてほしいもんだ。でなきゃ,つぶれちまうど。

  • LINEで送る

コメントを残す

*