命日

  • LINEで送る

さて、突然ですが本日11月15日は、とある方の誕生日であり、命日でもあります。
どなたのことでしょうか?
日にちを見てピンと来た方は、かなりの歴史通ですね。
sakamotoryoma.jpg
答えは「坂本龍馬」でございます。
高知生まれの脱藩者。11月15日に生まれ、同日に死去。
くしくも33歳の誕生日に亡くなっています。 そう、つまりボクと同い年で死んでいるのですね。
ボクは今年をもって、ついに龍馬を年齢で追い越したわけでして。
その割には彼のような大働きなんぞ、微塵にもできていないわけでして。。。
彼の偉業っていろいろあります。「初めて」が多い人でも有名。
日本で初めて「株式会社」を作った人。(亀山社中のこと)
日本で初めて「新婚旅行」をした人。(お龍さんと行った霧島のこと)
日本で初めて「万国航法」で訴訟をした人。(いろは丸事件のこと)
日本では珍しく「剣の達人」にも関わらず「銃に頼った」人。(寺田屋騒動のこと)
日本では珍しく「剣の達人」にもかかわらず、人を一人も切っていない。(北辰一刀流の達人)
などなど。
藩のことしか見えない時代に、国全体の枠組み、さらには外敵やアジア諸国との関係を説き、
しかも話をまとめるにあたって、経済の理論を政治に応用しようとした人です。
つまり「お金がなければ、幕府だろうと何もできない!」ということを
最初に見越した人。。。
出てくるのが早すぎたのかなぁ。結局は意見の合わない連中に殺されています。
(暗殺者はなぞに包まれていますが、ほぼこいつらだろうという目星はたってます。。)
いつも歴史は逸材へ勘違いの目を向け、必ず抹殺して来ました。
坂本龍馬が暗殺された後に、彼の理想が世の中で実現されてるなんて、ちょっとかわいそう。
で、彼の理想ってなんだったんでしょうか?


いろいろあります。
○海軍の充実
 明治維新後にイギリス式の兵法を取り入れ、連合艦隊が生まれましたね。
 その血は今の海上自衛隊にも受け継がれていますよ。
○海運業
 海軍と海運を一手に引き受けてたのが、亀山社中あらため「海援隊」。
 坂本龍馬亡き後は、岩崎弥太郎が土佐藩の金をうまく使いながら成長させて
 今の三菱グループができあがりましたね。
○国会の開設
 皮肉やなぁ、彼が死んだのが1867年。それからわずか22年後の1889年にはできてるし。
 殺されてなかったら55歳だべ。。
まだまだあるね。死んだらいかんやったよ。ホント。 
そんなこんなで、坂本龍馬って、私が尊敬している歴史上の人物の一人です。

  • LINEで送る

コメント

  1. 明星 より:

    私が尊敬している人は、学生運動の発起人ですね。誰だかわからないんですけど・・・(-.-;)

コメントを残す

*