懐かしさを売ること

  • LINEで送る

近々、DVDで「夕やけニャンニャン」のダイジェストが発売されるそうな。
?という人もいることでしょう。
80年代後半に、フジテレビが平日夕方にぶちかました1時間番組。
普通の女子高生がおニャン子クラブと称して、ブラウン管に出まくっていた。
メンバーには渡辺真里奈や工藤静香、など 最近では有名になった人たちもいる。

これは僕のような30代にはうれしい話。多分DVDを買ってしまうことだろう。
先般発売された「8時だよ!全員集合」も思わず買ってしまった。
消費者としては、ひたすらうれしいんだけど、番組制作に携わってきた者としては
とっても怖い現象でもある。
なんでか?
それは「今の制作能力が著しく落ちている」ことの象徴でもあるから。
「制作能力が落ちている」のではなく、「すでに消滅している」かもしれない。
能力が落ちだすと、制作ノウハウが下に伝わっていかない。
ということは放送局に最も不可欠な
「コンテンツ制作力」が激減しているっちゅうわけ。
最近のキー局が制作する番組は、スタジオトークを収録するものがほとんど。
ざっくり収録して、後で面白い部分を選んで編集してまとめる。
タレントを拘束する時間が「見える」から経費を抑えられるという利点もある。
ただこれをすると、いろんな弊害もあったりするのね。
・時間を限られた中で面白さを凝縮するという「演出力」が低下する
・出演者のトークの力も低下する
特に2番目は、CD聞いて、歌唱力のすごさを期待してた歌手が
ライブではサンザンだった…ってのと同じ現象になるわけでして。
ライブ(つまり生放送や無修正収録)だと、だますことができない。
何でもそう。
でも編集を加えると、「別の作品」を作り上げることができる。
でも放送だって舞台だって、目の前でリアルタイムで行われるもの。
だったら、ライブにこだわった方がいいに決まってる。
DVDで出る「夕やけニャンニャン」も既に出てる「8時だよ!全員集合」も
どちらも生放送。だからすごい。ドリフも秋元康もだからすごい。
というわけで、ウラを返すと「懐かしさを売る」今の傾向って、
放送局業界にとっては、ものすごーくアブナイ話だと思う。
ひとことで言えば「創造力の欠如」であるからなのね。
それは僕の勤める会社もしかり。
ウチのラジオではメインの番組で、昔の看板番組をそのまんま放送してる。
昨年からそういう編成方針になった。
その分制作ノウハウは枯渇してしまった。制作者に能力を期待できる土壌もない。
おおかた予想はしていたものの、思った以上にひどい状態に今なっている。
今はいいかもしれんが、5年後・10年後のウチのラジオに、新しいスター・新しい看板番組は
現れることは、まずないだろう。期待すらできない。
こんな会社に未来はあるのか?とちょっと思っちゃう。
っていうか、プライドないんかなぁ。制作に関して。
プライドないまま毎日垂れ流してる姿って、ただただあきれるだけだね。
やれやれ。

ついでに言うと、2年前にフジテレビが放送したHR(ホームルーム)という
シチュエーションコメディ。これもすごかった。作ったのは三谷幸喜。
だから三谷幸喜もすごいんよね。

  • LINEで送る

コメントを残す

*