台風来福

  • LINEで送る

Welcome!! 台風16号!
現在、福岡市内でも暴れまくっています。激しい風雨。面白いくらい、木が揺れて
横殴りの雨が音を立てています。
子どもの頃から、雨・風・雪が多くなるとなぜかワクワクするわけで。
こういう非日常の状態を体感することができると、よけいにすごいことが起きないか?と
不謹慎なことをどこかで考えている自分がいる。
今朝から毎度毎度、テレビで見かける台風中継。
NHKと民放での違いをお気づきでしょうか?
まずリポーターが外でしゃべらない。それがNHK。危険をあおらず淡々と情報を流す。
それがNHK。しゃべり手が興奮せず、常に冷静。それがNHK。
一方民放は、まずもってインパクト。
「たっ、ただいま外は・・・うゎ!(風であおられる) ものすごい風雨に見舞われておりま・・・」
「危険ですのっでぇ・・・(ブォ~【風の音】)、外出はひっ・・・ひかえて く・だ・さ・・い。」

・・・っていうか、お前がさっさと局舎に戻れよ!
と、全国の視聴者が突っ込んでいることでしょう。なぜかどこか楽しんでないか?と思ってしまう。
実際現場にいたときの自分自身も、どうだったか?といわれると、
どこかアドレナリンの分泌量が増し、常時興奮状態だった気がします。
ずぶぬれの自分が何か楽しい。髪がぼさぼさの自分が何か面白い。
床上浸水や高潮が起こって、本当に人々が大変な目に遭っているのに、どこかいる不謹慎な自分。
今の私は、現場ではありません。
きょうはスーツ姿で終日内勤です。片隅で付いているTVの台風情報に目をやりながら
「やれやれ、きょうはどげんして帰ろうかねぇ・・・」と考えながら、また仕事に戻る。
そう考えると、かつての自分にとって台風上陸も一種のイベントみたいなものだったのかなぁ?
今の自分はNHK以上に冷静沈着、淡々と窓の外とテレビを見ながら他人事のように
台風の様子を眺めています。
明日は一過となるのかな?

どうでもいいけど、台風が来ると
その翌日って、空は晴れ上がり、埃っぽさもなくなる。
ある意味、大型の掃除機が南からやってきて土地土地を掃除しているよう。
それを逆手に取り、その昔台風が近づくと、屋外にゴミを置く輩がいた。
特に紙のゴミ。粉々にして、置いておく。
翌朝はそれが消えていた。アラ不思議。
絶対にマネしないでください。そういう風に台風を使っちゃいかん。
大学時代の話でした。ちなみに外に置いたゴミのほとんどはカンニング関係の紙。

  • LINEで送る

コメントを残す

*