メディア接触の対象

  • LINEで送る

大きな事故が起こったきょうですが、でっかいニュースたちに隠れて、ナリを潜めた
いやーなネタを発見してしまった。。。参照URL⇒こちら

「メディア接触」に関する調査、テレビ VS インターネットの結果は?[2005.04.25]
株式会社インフォプラント/C-NEWS が2005年4月25日、15歳以上の男性750名、女性750名の
計1,600名を対象とした、「メディア」に関する調査結果を発表した。
調査結果によると、情報が早いと思うメディアは、「インターネットサイト」が77.6%でトップとなり、
2位の「テレビ」53.5%に差を付けた。(中略)
身近に感じるメディアは、「テレビ」79.2%、「インターネットサイト」74.2%、「新聞」30.9%だった。

まずもって見出しから気にくわねー。メディア=テレビとネットかよ?! くそっ!
でも、これが現実。やれやれ。
さらに追い討ちをかけるように、ヘコむデータが載っていた。
1年前と比べて接触時間が減少したメディアは、全体で「ラジオ」が34.1%、「雑誌」が28.6%、
「テレビ」が24.1%、「新聞」が18.1%、「インターネットサイト」が1.7%だった。

がーん。ここでもラジオの価値の減少が描かれている。
こんなんじゃ、当然広告費も減少するはずやな。マーケットの動きに決してウソはない。
しかもショックな内容は、これだけではなかった。。。
男女・年代別にみると、男性20歳代から30歳代では「テレビ」が32.0%~29.3%でトップとなり、
「ラジオ」よりも高い割合だった。
(いちいち、強調すなや?!と、突っ込みたいばい)
女性30歳代では「雑誌」が36.0%でトップ。
女性50歳以上でも「雑誌」と「ラジオ」が38.7%と同率でトップだった。

この調査は、ラジオに恨みでもあるのか?
なんとラジオの大票田であるはずの、50歳以上の方々についても
こと、女性については「ラジオ」と「雑誌」の価値は、さほど変わらない。。。ということですな。
どう考えても僕には、媒体価値の低下。。。というよりかは「過小評価」としか思えないのだけど。


例えば。
きょうのような尼崎での事故が起こると、現場は混乱する。
そういうときこそ、ラジオできちんとした情報を獲得することができます。
こういう「即時性」や「フットワーク」、そして「有事の情報源」こそが、ラジオのナンバーワンの売りなのに
誰もその優位性をアピールしようとしない。。。
だから雑誌と同じ。。なーんて思われるんじゃないとね?!
起爆剤を作らんとなー。。。

  • LINEで送る

コメントを残す

*