受難?

  • LINEで送る

クジラ激突急増は米軍の強力ソナーが原因?[2006.04.11]
日本近海で高速船がクジラとみられる海洋生物と衝突する事故が多発しているが、
米海軍の次世代対潜ソナー(音波探知機)がクジラの聴覚器官に悪影響を与えている
可能性が浮上している。海洋生物はソナーの大音響で聴覚器官を損傷した場合、
方向感覚を失い、高速船の接近を察知できないほか、海岸に漂着するケースもあるという。
日本近海では近年、中国軍の潜水艦が活発な動きを見せており、米海軍の哨戒活動が
クジラの異常行動を引き起こしている恐れも出てきた。 
(中略)
「魚類の聴覚生理」などの著書で知られる長崎大学水産学部の竹村暘(あきら)教授も
「ソナーの大音響でクジラ類が内耳に損傷を受けることは考えられる。
その場合、人間が視覚を失うように、方向感覚を失って港や浅瀬に迷い込んだり、
船などの接近を察知できなくなる」と話している。(夕刊フジ)

だとしたら、当のクジラにしてみりゃ、相当迷惑な話だな。
日ごろから福岡みたいな片田舎でぼーっと暮らしていると、
日本がすべて海で囲まれている国であることや、その海の中に
戦略的に泳がされた他国の潜水艦がウヨウヨしていることを、
ついつい忘れてしまいます。
こんなニュースから、「潜水艦がいるんだぁ」と思った人もいるかも
しれませんね。
いるんですよ。
日本の潜水艦、アメリカ第七艦隊の潜水艦、韓国の潜水艦、
中国の潜水艦、ロシアの潜水艦、北朝鮮は知らんけど。
潜水艦には窓がありません。周りの艦隊をどう知るか?
それに力を発揮するのがソナーです。
音波の反射を利用して相手の存在や位置を知る。
さらには相手の放つ音を頼りに艦の種類を識別する…という
地上とは全く常識が異なる攻防が海の中で展開されているのです。
にしてもですよ。その探りあいの攻防で、目に見えない犠牲を
クジラやイルカが受けまくっているとしたら、これって結構問題じゃない?
わざわざ地上に浮かんできて、その受難の苦悩を訴えている彼ら。
しかもご丁寧にことごとく高速船にぶつかるとは。。。。
まぁすべて事実かどうかは知りませんが。あくまで仮説での話ね。
捕鯨反対を訴える、お馬鹿な一部白人グループに言いたいけど、
日本人への偏見で動物愛護を訴えるより、自前の軍隊のことを
糾弾しとけよ、と言ってやりてー。
そんな僕はちなみに鯨肉大好き。


ちなみに。
日本の近郊は寒流と暖流がぶつかる
いわゆる「潮目」ってやつが太平洋と日本海に両方あるだけに
「クジラ銀座」なんだって。
賑わう箇所を、相変わらず「銀座」と呼ぶ日本人。
クジラ渋谷やクジラ新宿よりはすわりがいいか。
この受難はいつまで続くんだろうか?で、まだ高速船との衝突は続くのか??

  • LINEで送る

コメントを残す

*