キャズム

  • LINEで送る

最近、お客さんと仕事をしていて、気が気じゃないことが増えた。
なんでか?
それは、「これからまさに売り出さんとするもの」への広告依頼が増えているから。
もっと言うと、自分の仕事の領域以上に、販促プランニングやブランディングまで
相談され、お任せ状態になるからだ。
おいおい、それって広告会社の仕事だろ?!
などという、無粋なことは言わない。っていうか、こういう面白い仕事に携われるのは
それはそれでありがたい。信頼をいただいていることのありがたさを
本当に感じる。
で、自分がプランニングした内容にそって販促を始めるだけに、
結果が出るかが、ものすごーく心配。
最近なんか、寝付けなくなることもしばしば。
「うーん、あんなんで、本当に売れるかいな?」とか
「なんか他の方法、あったっちゃないかいな?」などなど
考え出したらきりがない。
普通、媒体の営業マンだったら、自分の売上を伸ばすことを
第一義に考えてしまうものでしょう。
でも、お相手の立場になって考えたら、そんなこと言ってられない。
僕もつい素直に…
「この金額以上はラジオに投下する必要はないですよ」
などと言ってしまう。
で、ホームページの充実や電話ウケ体制の強化、
紙面媒体なんかの紹介など、ほいほい提案したり手伝ったり。。。。
うーん、顧客満足という視点からはいいかもしれんが。
まぁとにかく。
あるモノが売れるかどうか、特に爆発的に売れるかどうかの境目を
「キャズム」とよく表現します。つまりはこの「キャズム超え」ができるかどうか、
ここがめっちゃ心配になるわけですよ。
どげんしたら売れるかいな???? 最近本当に心配でならん。
あの商品やあの商品、それと、あの商品も…。


ちなみに。
そんな中で、最終的にお客さんに、つい言ってしまうのが
「広告には極力、カネかけんほうがいいですよ」
というせりふ。
バイラルマーケティングこそ、最高でっせ。
などと言ってしまう。
でもなぁ。ブレイクするのって、やっぱ最後は口コミっちゃんね。

  • LINEで送る

コメント

  1. nakanaka より:

     いっそのこと、plannerに転向しますか?

コメントを残す

*