ブログそのものの性格

  • LINEで送る

最近、思い始めたこと。

「双方向コミュニケーションツール」と位置づけられていたブログが
「一方通行メディア」になりそうな気配がある…。

っちゅうこと。

ブログはコメント機能やトラックバック機能がある。
この辺が「ブログ出始め」時代の、注目点だった。
とりわけ「トラックバック」には僕も結構びっくりした記憶がある。

ところがである。

最近の訪問客数やその動向などを分析ツールで見てみると…

○読んでくださる方の半分程度は常連のお客さま
 ⇒ブックマークや「検索:オモヒノタケ」で来てくださる。

○様々な検索ワード・フレーズでの来訪
 ⇒ちなみにこの1ヶ月で最も多かったのは「キムチ・効能」でした!
  (季節がらか?!みんなダイエット志向なのか!?)

ってな感じだった。

つまり。
今までping送信等でトラックバックをかましたり、直接僕から
トラックバックをしてみたり、相互にコメントを書き込んだり…
というものは、思ったほど訪問客数の間口を広げる効果が
薄れてきたのかな?という気がする。

これは思うに。。。

以前に比べてブログの総数が増えたこと
に原因があるのかな?って気がする。

定期的に購読する人は、常連さんとして必ず存在するものの…
「読み物としてブログを探す行為」

「コミュニケーションツールとしてブログを求める行為」
とが
減っているのではないかなぁ?

ある調べたいワードをサーチエンジンで検索
 ↓
書かれているブログの多さを見る
 ↓
その上で、引っかかって見える一部の文から
アクセスを決定
ってなところか。

となると、やはりブログも「内容」と「データベース」とが
メディア化、つまり価値を持つための重要な要素になる…
ような気がする。

だからナンなんだ?と言われると、実もふたも無いのだが。。。

単なる最近の僕の実感です。読み流してちょ。


それにしても

やはり僕の周りにブロガーは増えた。
徐々に増えている。

それも昔は「なんとなくライター」が多く
すぐ止める人もいたが、最近はツールとしての
浸透が見られる。面白い世になった。

  • LINEで送る

コメントを残す

*