再生の厳しさ

  • LINEで送る
美少年酒造、民事再生申請=裏金問題で経営難加速[2009.04.17]
事故米転売事件で社長らが起訴された米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)から裏金を受け取っていた老舗酒造会社「美少年酒造」(熊本県城南町)が17日までに、自主再建を断念、熊本地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約19億円。帝国データバンクが同日、明らかにした。(時事通信社)
 
大変悲しいニュースを見て絶句しました。
マスコミの論調などを見たあとだと一般の人は
「当然だろう」という意見が出ることもあるでしょう。
せっかく、今までの慣習や悪しき部分を抽出して再生を
図ろうとしていた矢先なので、従業員の皆さんがどれだけ
苦痛だろうと、考えただけでいたたまれません。
僕らが居を構える、博多駅には美少年酒造さんがからんだ
居酒屋が3軒ございます。
相変わらずそこは盛況ですが、やはり中で飲んでいるお客様や
働いてる従業員さんはどのようなお気持ちでしょう。
実は以前、再建の渦中にいらっしゃるとある経営者にお会いしました。
その方の会社は自主再建中でした。それでも再建に携わる
銀行からの締め付けは厳しい・・・ともらしておられました。
まぁ「締め付け」と言うと聞こえは悪いですが、
とにかく厳格な再建計画の下で日々動いている。。。ということでした。
今回の美少年酒造の場合は、民事再生です。
会社はなくなりません。ブランドも残るでしょう。
でも一旦は破綻したという歴史が残ってしまう。。。
その中で自主再建以上に厳しい日々が今後続くことでしょう。
ちなみに、自主再建を受けている社長さんがおっしゃっていたのは
「すべての仕事を数字で可視化することに尽きる」とのこと。
理論的には当たり前でしょうが、いざやると大変なことです。
作業進捗や従業員のモチベーションから、さまざまな日々の
経営指標まですべてを数値で管理すること。なのです。
これは僕らのような未熟な企業にも当てはまることです。
今、自分自身の会社の仕事をはじめすべての事象を
どの程度数字で表現できるか?社員はどの程度数字で表現
することができるのか?
再生事業を垣間見ると、そんなことを毎回思い起こされます。
自分自身にとって重要な出来事でもあります。
  • LINEで送る

コメントを残す

*