インド、中国、韓国より明らかに劣る日本人

  • LINEで送る

こんな過激なタイトルで書かれたスクリプト

相変わらずの大前 研一 先生のコメント。

詳細はここに載っていた。
 
ただ、書いてあることは正しい。
私が2006年にスタンフォードへ赴いた時も、
やはり多かったのは、この3カ国の人間。
 
日本人は少なかった。
 
 
就職率は永遠に低くなると断言していたこのレポート。
確かに僕が知る限り、韓国人や中国人の方が優秀な人材が多い。
 
そして余っているし、安い。
 
経営者もそう考える人が多いかなぁと。
 
 
 
  • LINEで送る

コメントを残す

*