中国から訪れるクルーズ船の実態

  • LINEで送る

2010_06_02_001.jpg

今年は博多港に中国のクルーズ船が60回以上、寄港します。
この話を元に、福岡市では中国人を受け入れることに躍起になり
町中に表示を作ったり、中国語表記の地図を協賛付けて作ったり
しております。

が。

このようなムーブメントっぽい動きって、必ずマスコミがこぞって取り上げ
そして、大したリサーチもせず「たぶんそうなんだろう」と考えて
戦術を考える企業や自治体が多いと、僕は捉えています。

そして僕と同じ考えのとある、経営者に本日会いました。

その方は福岡では大型小売の老舗の経営者。
僕と全く同じ情報を持っていましたので、驚きました。

その方がなぜ、情報を持っていたのか?
プライベートで1人で中国に行って調べたそうです。

その前に業界団体(団体ツアー)で訪れたときに、
なーんかどうも、そこにある情報やイメージに疑いを感じたとか。

マーケティングリサーチの基本は、徹底したプライマリーデータの収集。
非常に感銘を受けました。

福岡の人間が誤解しているクルーズ船の事実は3つあります。

このブログではその1つだけを紹介します。
●クルーズ船に乗っている人って、本当に富裕層??
 っていうか、富裕層って何??

別に来訪者を拒むつもりはありません。
来ていただけることは大歓迎。ただ、私たちは来訪される
海外からのお客様に対して、勝手な先入観を持っていませんか?

僕は単純に考えて、今年の1月に出された以下の試算
福岡市への経済波及効果は10億円

どうか??と思いますけど。

  • LINEで送る

コメントを残す

*