インバウンド事業って、3C分析のうち競合分析が甘い傾向にある

  • LINEで送る

VJC(ビジットジャパンキャンペーン)花盛りである。

観光庁を中心に、インバウンドの観光客を日本へ招くべく
プロモーションに躍起です。当然その仕事をホスピタブルも受け持っています。

さて。
私たちの周りで、企業・自治体・メディアの声に耳を傾けると
ほぼ異口同音に「アジアに目を向けて」というお題目が。

本当にアジアに目を向けているのか?は疑問。

なぜなら同じアジアの中に「競合」がいます。

これがあまりにも知られていない。

まず韓国。中国人に対するビザ緩和を韓国も発表しました。

IMG_7432

数年前に済州島を訪れた中国人観光客が全員逃亡するという
笑えないニュースがありましたが、そんなトラブルが多い中国人に
ビザの緩和という日本に対抗した措置を取った韓国政府。
IMG_7434

 

 

 

 

 

さらに。
2010年は9月に秋夕(チュソク)という旧盆が訪れ
韓国人観光客がどっと訪れる…はずですが、今年は
多少様子が異なります。

IMG_7435

なんと。
韓国人の中で中国を訪れる予定の観光客が意外と
増えているとの情報を入手。

まぁ地図を見れば韓国と中国が近いのは当たり前ですが
実は国民感情含めて、この両国はお互い嫌い合っているふしが
あったのですが、その様相が急激に変わっているのです。

313

どちらも、策士ですね。
カネと発展のために手を結ぼうとしているわけです。

今ここで、単に「カネを落とすから」というような理由で
彼らを招聘するような施策を行ったり、販促対策をしたりすると
いつかは飽きられます。

日本はインバウンド事業において、とかく「競合」という概念が弱いようです。
「競合対策」はマーケティングの基礎中の基礎。

相手国、事業内容などで、日本以外に競合がいくつも存在します。

bangkok

中国マーケットを狙うインバウンドの競合は韓国。
台湾・中国マーケットを狙うインバウンド競合は中国。
医療観光のリーディングネーションは、タイと韓国。

シンガポールのスキー客を狙うのは、オセアニア。

言いだすとキリがないですが、競合を意識しないマーケティングに意味はないと考えます。

  • LINEで送る

コメントを残す

*