落書き

  • LINEで送る

福岡はバスの町です。
市内の移動は、混雑が目立つものの、やはりバスでの移動が機会として一番多いでしょう。
なにせ日本一のバス保有台数を誇る、西鉄バスがいるんですけん。
で、きょうもバスに乗った。昼の移動でした。
ふと、目の前の席に目をやると・・・・
席の右上に落書きが・・・
2004.bus.jpg
いるんだよなぁ、こういうことするやつ。
だいたい中学生・高校生がほとんどのようです。
しかも、「○○くん好き!」とか「○○命!」とか
僕らにとっても、なーーんも情報にもならんようなネタを書く。
どうせなら出川哲郎の携帯電話の番号を載せてみろ!っちゅうの。
んなイライラをもちつつ、なんて書いてあるかを、よーく見てみると・・・
2004-tenjintanoshi.jpg
「天神はたのしい」
と、蛍光ペンで書かれています。。。。
?????????書いた人は何があったんだろうか?
田舎から初めて出てきて、昔から噂に聞いていた、あの天神を見て、たのしんで
興奮と感動のあまり、帰路につくとき、おもむろに一日の思い出を涙を流しながら
走馬灯のように振り返り、ペンを執って落書(らくしょ)を書いた・・・・・
とか?
西鉄は昨今、「天神再生委員会」なるものを結成しまして
ミュージック・シティ・天神をはじめ、天神の文化活性をうたって活動を続けています。
ひょっとして、その思いから、この落書きだけは残しておかねば・・・なんて思って
消してなかったりして。 あるいは自作自演だったりして・・・。


どうでもいい話ですが。
落書きとは、古くは情報を残すものでした。
室町時代にも・・・何か名前は忘れましたが落書きに書かれていた
政情への不満が、史跡として残ってたり。
江戸時代に鹿児島の人が、どっかの落書きに書いた言葉がきっかけで
「焼酎」という言葉が生まれたり。
情報が詰まったものでした。
どうせ書くなら、もちっとマシなものを書いてもらいたいもんですばい。
後世に笑われるな。
「あの時代は人間の中でも、もっとも知能の低い時代でした」なーんて言われるための
史跡になったりしてね。平成の落書きが・・・。

  • LINEで送る

コメントを残す

*