第三回 会社のPR方法を説くセミナー

  • LINEで送る

あっと言う間の1ヶ月だった。

今回、熊本県庁からのオーダーを賜り、熊本県内の中小企業の
皆様が悩む、「若者への会社のPR方法」の伝授する最終回なのです。
参照URL

実は事前に、各企業の担当者様にPRを行う1分間原稿を書いてもらった。
それが届いたのが、このセミナーの1週間ほど前だった。内容を見た。

非常におどろいた。あまりにレヴェルが高いからだ。
プロに書かせたのか?と思わせるものも散見。。。
ただもちろんですが、そこまでのレヴェルでないものもあったのでした。

実は、今回の参加企業様およそ30社が3分弱程度の出演による
会社紹介のDVDを制作するという、最終目標があるわけです。

となると、「わかりやすい会社」と「わかりにくい会社」とが玉石混交になると
結果的には相乗効果を生み出せないなぁと思ったわけです。

最終回の講義は、単なるテクニックの集大成とすることをやめて、
全体のレヴェルを上げるための情報共有を行う…これを使命にしました。

もちろん、このPRができたからと言って、就職の状況が飛躍的に上がるとは
思えませんし、そんな単純な話ではないことは百も承知です。

僕からお教えできることは今回のセミナーの内容を含めて、2つです。
先日会場でいただいた質問に対する回答も兼ねて、この場で記します。

○各企業は「情報発信」を怠らない。
 製品を作っているだけ、BtoBだから取引先だけ見てればいい、
 というわけではありません。どんな企業も「情報発信」は不可欠です。
 誰がどこで見てるかわからないから…というネガティブシンキングでなく
 誰とどう繋がるかわからないから…というポジティブシンキングが理由です。

 情報は会社の概要だけでなくてもかまいません。
 社長や社員が好きな言葉、果ては翌日の天気予報だっていいのです。
 誰が「やっちゃいかん」といいますか?

 ただ情報発信は、「コスト」より「根気」が必要です。
 それは「継続は力なり」という「根気」と「信念」なのです。

この講義でも申したことですが、もう一度。
 ○自社と自社商品、自社の人材に付加価値を加えます。
 ○新規採用を目す人材と、顧客、社会の価値観を変えます。
 ○新しい需要を喚起し、新しい情報の獲得を可能にします。
 ○新しい需要と情報は、新しい製品の開発に寄与します。
これを信じてくださいね。

○地場と大手の給与格差をどう説明する?
 これも難しい問題です。初任給を見たら、親御さんや高校生が
 流れることも十分考えられます。

 恐らく給与よりもやりがい…と言っても聞かないでしょうしね。

 ここで重要なのは「地場に住む」ことの利点を謳うことです。
 別の言い方をすれば「親御さんにとって不安解消するのはどっち?」ということ。

 都会に出れば、大きなカネをもらっても大きなカネが出て行きます。
 都会に出れば、実家のそばに来てくれる結婚相手を子どもが会うでしょうか?
 実家のそばにいない子どもは、自分が病気になったら戻ってきますか?

 
初任給を含め目の前の金額で判断させないような、将来設計を
親子で真剣に考える機会と情報を与えることが、地場企業には求められます。

恐らくそれは現在企業に勤めている団塊の世代の方々にとっても
他人事ではないでしょう。

親子へファイナンシャルリテラシーを、就職時に教え込むことも
実は有効な情報発信かもしれません。

とまぁ、これだけ考え付くことがありますので、今後のセミナーをきっかけに
どうぞ末永く、お付き合いのほどを! ありがとうございました。

  • LINEで送る

コメントを残す

*