QRコード

  • LINEで送る

最近、ケータイのカメラでパチリ・・・というか、ジーっと狙った瞬間、
突如画面にURLが現れる・・そんな不思議な模様が、町のあちこちにあります。
だまし絵のような正方形、それがQRコードです。
今じゃ、チラシやポスターの片隅にあちこち載っていますよね。
qrcode.jpg
で、なんでこんなもんが生まれたのか?
そもそもバーコードとは、読み取りの速さと正確さ、操作性の高さなどから急速に普及しましたが、
「情報量を増やす」ことのニーズが生まれてきました。
情報量を増やせばバーコードの面積が増えると、印刷コストが増える・・・それをなんとかせなごて。。
という発想から生まれた、「二次元コード」のことだそうな。
quadrate・・・  そこから来たのがQRコードげな。
ところで。
僕らも、世に出すポスターにこのQRコードを一緒に掲載したいのね。
紙媒体とケータイ端末とのメディアミックスを目指すために・・・。
ところが。
電車の中吊り等の規格であるB3ポスターに、QRコードを載せると・・・。
鉄道会社からクレームが入ります。なんでか?
「電車の中での携帯電話使用を自粛するよう、アナウンスしている以上、看過できません。」
とのこと。
うーむ、そうかぁ。チラシや新聞ならいざ知らず、電車への掲載物にQRコードを載せると
「そらそら!ケータイを、電車の中でガン!っと使っちゃらんね!」と、あおっていることになるのか。
とはいえ。
じゃあ他の中吊りに載っている、電話番号やURL・・・
これはどうなんだろうか?
そもそも、ケータイの車内操作自粛って、どんな操作を自粛させているのだろうか?
なんでんかんでん? それとも通話? それともマナーモードにしていないこと?
よくわからん。
心臓ペースメーカーへの影響もよく聴きます。ところが九州大学は25cmまで近づかない限り
全く影響はないという理由から、病院内使用を解禁しました。
いやいや満員電車なら1cmの距離になるだろ!と言われると・・・、
確かにそうなのですが、満員電車ではQRコードの撮影なんかできんやろ!
となると、QRコードのスキャンをする人は、あくまで透いているときの電車の乗客が対象・・・・
あー、わからんくなってきた。堂々巡りな議論やなこりゃ。
あなた様は、どげん思いますか、この問題???


で、
写真に撮ったやつも、結局は車内吊りのB3ポスターでして。
要は「自粛」とは言うものの、広告掲載料が欲しいゆえに
黙認していることも事実。結局はやったモン勝ち。
予め問い合わせた会社にだけNGを出すそうな。
この話を聴くと、ホンネのところの方針がどうなっているのかも、はっきりいってよくわからん。

  • LINEで送る

コメントを残す

*