ミヤマキリシマ

  • LINEで送る

早朝から激しい雨が降っていました。
さすがは降水確率80%。雨男、本領発揮。
たいがいで、このどーでもいいポテンシャルにうんざりする。
kuju02.jpg
まぁ、そんなこんなでくじゅう連山へ突入したのでした。
今回目指したピーク(山頂)は、いわゆる久住山ではなく、その近くに連なる山々。
「ヤマヤマ?」
つまり連踏ですよ。登って降りて登って降りて。修験道か?これは。
kuju03.jpg
とはいえ。目的はミヤマキリシマを見るため。
ベストポジションを得ない限りは、行く意味がないのです。
ということで。まずは大船山(1787m)へ。
降りしきる雨と激しい風。一方で結構な急勾配なので、体中が熱くなるのがわかるのです。
カッパの下はサウナスーツ状態。
うーむ。湯気が立ち上っているぞ。
なんとか踏破。およそ2時間を要しました。(簡単に言っていますが、結構急な道でしたよ)
同行した他のメンバーはかなり息が上がりへばっておりました。ちょっと優越感。
やはり学生時代の鍛え方の違いがあるのかな?ふふふん。
で、大船山(1787m)を降りる頃に、雨雲が晴れ、一気に天候が回復。
ということもあり、次なる山へ向かったのです。ぐげ。
kuju05.jpg
行き先は平治(ひいじ)岳(1643m)。坊がつるの東北にそびえるミヤマキリシマの群生地です。
kuju04.jpg
ところが。。。。


この山の斜面が尋常ではない。
途中に現われたのは、ロープと崖。
ロッククライミングかよ?
しかも。下を見ると。。。
かなり高い。落ちたら死ぬな。なんでここまで覚悟せにゃならんのじゃ?!
と思いつつ。登っていった。まさに「只管(ひたすら)」って感じ。
まさに修行。曹洞宗のお坊さんも驚くばい。
こちらもおよそ1時間弱で踏破。同行のスタッフは仮死状態。
で、そこから見上げたミヤマキリシマは。。。
kuju07.jpg
まさに「和服の美女の帯」に例えるにふさわしい、ピンクと真紅のグラデーションの川でした。
聞いた話によると、ミヤマキリシマが「群生」として生息するのは全国で
ここ、くじゅうだけだそうです。故に日本中から観光客が訪れるそうです。
kuju06.jpg
山の行き来で出会ったおじさん・おばさん(みんな年齢層は高め)は、
北海道・・京都・・・などなど、全国からのお客様ばかり。そこまでして見る価値があるもの。
それが今年のミヤマキリシマなのです。
別にそこまできつくないコースはあります。今週一杯が見ごろなので、楽して見たい人は
楽なコースで登って下さいな。僕らのコースは修験道さながらですのでオススメできませんがな(^^)ゞ

  • LINEで送る

コメントを残す

*