イベント 韓国向けプロモーション 韓国向け求人広告・人材紹介

釜山市内の大学視察 第二新卒との意見交換会を実施しました

  • LINEで送る

2013年3月27日~30日 3泊4日で韓国・釜山市内の複数の大学を視察し、

日本語が堪能な人材を、新たに会社の戦力として雇うための意見交換会を

実施してまいりました。

 

今回、訪問したのは釜山市内の国公立・私立合計4校です。

実際に訪問した大学には平均して1校あたり毎年50名程度の日本語能力の高い学生が

存在しており、そのうち40%程度が日本企業への就職にも耐えられるスペックとやる気を

持っている傾向があるそうです。

 

彼らは基本的に日本国内で就職をするならば、中小企業を採用対象と考えています。

これは日本企業の中小企業にとっては喜ばしい事です。

それ故に日本の中小企業で彼らの採用を希望する方々は、その採用活動を開始する前に

実施しなければならないことがあります。

 

それは「継続的な情報発信」です。韓国では「中小企業」というと零細な良くないイメージが

根強く残っており「中小」とだけカテゴライズすると、当の若手の両親・親戚から悪いイメージを

持たれてしまいます。そのイメージを払しょくさせるために情報発信が必要なのです。

ホスピタブルが99sJOBJapanで、継続した情報発信を企業様にお願いしているのは

そういった理由があります。

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*