単純な儲け方の話

  • LINEで送る
人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル
人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル 協和醗酵工業
おすすめ平均
stars隠れた教科書
starsマネージメント・ゲーム実施者向け
stars永遠のバイブル
stars本当に判りやすい!
starsこれはかなりいいです
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

書かれたのは、今から30年前。僕が小学校2年生。
折りしも福岡は近年まれに見る、大渇水だった年だ。
そんなころに書かれた本だった。
僕はおととしこの本と出合い、一気に読んだ。
およそ商売をしようとする人、している人
経営に携わるけど、数字はよくわからんと言う人は
この本を絶対に読むべきだろうとマジで思います。
主に書いている内容は…
 ○B・E・Pっちゃ何?固定費・変動費っちゃ何?
 ○キャッシュフローっちゃ何?
 ○資金繰りっちゃ何?
 ○経営状態がよかっちゃ、どげな状態?
みたいなことが図解入りでわかりやすく出とります。
フィナンシャルリテラシーを得るのに、最初に読んでよい本じゃないかな?
ちなみに。
It’s inさんも絶賛!これにはボクもちと驚いた!
で。
なぜここまで絶賛しおすすめするのか?
それは。
「人事屋が書いた…」というのがポイントだからです。
なぜなら。
書いた本人は協和醗酵の人事担当者ですが、
「利益獲得方法」「管理会計」を「人材教育の視点」から
この教科書を書いているからなのです。
ゆえにわかりやすい。
利益の出し方から、そのキャッシュフローと
バランスシートとの相関を会得できるように
なっとります。
どれだけ会計制度が変わろうと、
儲け方の基本は変わらんっちゅうことです。
昔にかかれた本にだって、同じかそれ以上の
英知が隠されているものですね。
先人の知恵に感謝m(__)m

  • LINEで送る

コメントを残す

*