世界市場を狙う日本酒

  • LINEで送る


こちらは以前、勝屋久さんから教えていただいた話題。
福井にある加藤吉平商店が生み出した酒が、すでに世界各国に向けて浸透しているという話です。
僕が携わっている韓国でも日本酒はブームになりましたが、
いかんせん日本酒の各メーカがそのマーケットの動きに上手に乗る流れがなかなか具現化せず、
これだけ近い市場なのに一部のメーカを除いて足踏みが続いています。

韓国の現状を言うと、日本食はブームがさらに進み、居酒屋を中心に伸びに伸びております。
しかしながら日本酒はいわゆる大手のメーカの商品
(極論を言うと、紙パックが横行しているのですが…)が出まくり、
他方で瓶の商品も日本でいわゆる有名な銘柄に限って流通しています。

市場は明らかに日本各地が持つご当地の酒を求めているものの
肝心のメーカがあまり動かないという悲しい現状があります。

今回の加藤吉平商店さんは、福井の地酒をかなり以前から世界各国へ売りだすことを考えていました。
こういった動きが同業他社を刺激してくれるといいなぁと思うのは私だけでしょうか???

  • LINEで送る

コメントを残す

*