よみうり寸評が説く「ツイッター」とは?

  • LINEで送る
3月6日付 よみうり寸評[2010.03.06]
なぜ、こんなものが流行るのか。インターネットの世界で利用者が急速に増えている
ツイッター」にそう首を傾げている人は多かろう。
140字以内の短文を誰でもネットに発信できる。読んでもらう相手を決めておく必要はない。
いわば「つぶやき」だ。「腹減った」「もう寝る」もある。
政治経済や国際情勢、宇宙を語っている人もいる。最近は政治家もよく「つぶやく」。
国会議員など300人以上が利用中という推計もある。
このうち今週話題になったのが原口総務相だ。
1週間前のチリ地震で自ら津波情報をつぶやいて発信。
水曜日は国会予算委に遅刻したが、その間もつぶやいていた。
「ツイッター」は英語で「鳥のさえずり」。人々があちこちでつぶやく様を指すらしい。
利用者は100万人以上。つぶやき数も今週、累計100億回を超えた。
政治家の情報発信には格好の道具だ。ただ発言を取り消せない。
流言飛語が怖い災害時も使えるか。「綸言(りんげん)汗の如し」。
気軽につぶやいてもらっては困る時もある。(2010年3月6日15時56分 読売新聞)

このコラムを読み、思わず笑ってしまった。

自身もツイッターユーザである読売新聞社が、どういうわけかツイッターを疑問視。
毎度この手の話で思うのが、メディア内でも古いタイプの人ほど、
インターネットで展開される新しい情報交流ツールや
そのコミュニティに懐疑的で否定的であること。

大して利用もしていないだろうに、自分たちが作ってきた情報の常識を
覆す可能性があるものに対し、ネガティブなコメントを発信する
ケースが多い。批判からは何も生まれません。

ビジネスとしての発展もありません。僕は、ツイッターがすごいものかどうか?は
現状では正確に説明できません。しかし画期的なツールであることは間違いありません。
何ができてどんな未来を創造できるのか?を考えることは重要だと捉えています。

ということもあり、今回のこんなコラムについて私なりに、意趣返しで返答してみたいと思います。

なぜ、こんなコラムを書けるのか。
インターネットの世界で利用者が急速に増えている「ツイッター」に
首を傾げたと書いた「よみうり寸評」に首を傾げた人こそ多かろう。
最近は新聞社もよく「つぶやく」。
新聞社など100社以上が利用中という推計もある。(未確認)
このうち今週話題になったのがヨミッターだ。
ニュースと向き合い、日々奮闘しているYOL(ヨミウリ・オンライン)の編集記者は、
どんなことを「つぶやいて」いるのか。生の声をお聞きください。とまで謳っているのに、
当の編集内のロートル的な方は、そんな現状すらご存知ないようだ。
ツイッター」は英語で「鳥のさえずり」。
人々があちこちでつぶやく様を指すらしい。利用者は100万人以上。
つぶやき数も今週、累計100億回を超えた。
新聞系webの情報発信&プロモーションには格好の道具だ。
ただ一部のメディア社員が理解していない。スッパ抜かれるのが怖い。
選挙の当確時も使えるか。「綸言(りんげん)汗の如し」。
自社や業界の動きを省みず、気軽にボヤかれてもらっては困る時もある。

お後がよろしいようでm(  _ _ )m

  • LINEで送る

コメントを残す

*